« 決断 | トップページ | すごい食い気 »

2010年12月25日 (土)

最終決断

内服による抗がん剤治療を始めることで決めた・・・

はずやったが、やっぱり毎週の通院、検査が必要になる

そんなことやこの先のことも含めていっぱい考えた。

本当なら今日から開始することになっていたが

やっぱり「ステロイド」のみの治療にすることを決めた

その報告と「ステロイド」を貰うために朝イチで病院に行って

先生にその旨を伝えた

そこでまた一つの提案が出た

抗がん剤治療を始めるときに1度だけ打つ

筋肉注射(L‐アスパラキナーゼ)だけでも打っておいてはどうか・・・と

ガン細胞の栄養となる「アスパラギン」を枯渇させる注射

今回、この筋肉注射だけ打つことにした。

血液検査をして問題がなかったので、

まず「抗ヒスタミン剤」を皮下注射して、その上で

「L‐アスパラキナーゼ」を右足に筋肉注射

私たちでもそうだが、筋肉注射はかなり痛くて

めったにそんな声を出さないタローの「悲鳴」を聞いた

抗がん剤治療をしないと決めた私が言うのも変だけど

痛い思いをさせたけど、少しでも進むのが遅くなってくれればいい

一つ、一つ、決断して行っても迷いと言うものは払しょくできない

しかし、決めた以上はタローが1日でも長く

楽しい毎日を過ごせるように心がけ

二人で笑顔で毎日過ごそうと思う

どれだけ一緒に居られるのかは全く分からないけど

とにかく前を向いて、しっかりとした足取りで歩いて行こう

|

« 決断 | トップページ | すごい食い気 »

タロー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今日初めてこちらに気づきました…。
写真で見るタローくん、いつもと変わりなくて、びっくりしました。

何をどういうふうにすれば、この子のためになるのか、私もプーの時に考えていました。
プーは口腔内腫瘍で、見つかった時にもう13才くらいだったので積極的な治療はしませんでした。
後になればああすればよかったのかな、と思うこともたくさんあります。
でも、どういう道を選んでも、後悔は尽きないと思います。
だから、タローかあちゃんさんも、かあちゃんが選んだ道をタローくんと一緒に笑顔で進んでいってください。

うちのかりんも、持病があるので手作り食です。
私は須崎先生の本を参考にしています。

投稿: MIKU | 2010年12月25日 (土) 16時05分

MIKUさん、見つけてくれましたかhappy01
自分ひとりでも悩んで、考えて、迷っての20日間でした。
そこへ皆さんのお言葉があればきっともっと迷ってしまうと思い伏せていました。

プーちゃんも腫瘍だったんですか・・・
タローは9歳、でも積極的治療に踏み切らなかったのは、タローのかかるストレスのことを考えました。

最近はいろんなことでストレスを感じてる毎日、この上に辛くてしんどくって・・・と思うと決断はできませんでした。

かりんちゃんも持病があるんですか?
私も須崎先生の本を元に作っています。

可愛いわが子のために、一緒にがんばりましょうね。
前を向いて、笑顔で

投稿: タローかあちゃん | 2010年12月25日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1445450/38208687

この記事へのトラックバック一覧です: 最終決断:

« 決断 | トップページ | すごい食い気 »